CT MRIによる精密検査 2次診療について あいち犬猫医療センター

獣医療従事者の方へ

患者様をご紹介いただく先生方へ

あいち犬猫医療センターは犬猫を専門に、二次診療まで対応しております。
これまで、飼主様のご要望やご期待に応えるため、獣医師個々の技術水準を上げるに止まらず、高度先進医療機器の積極的な導入、夜間休日の急患を受け入れる24時間365日体制等、人材と設備、体制を整えて参りました。
ペットの長寿化を背景に、2013年4月には、病気の早期発見、早期治療の推進を目的とする画像診断のセクションを新たに立ち上げました。

私たちの業界も、今後、人の医療のように、より一層の医療連携が求められると考えております。
そこで、地域のかかりつけ医の先生方に当センターの施設もご活用いただきながら、これまで以上の患者様の健康とご家族の笑顔へとつながっていく、そのような医療連携のカタチを目指しております。

あいち犬猫医療センター
センター長 細川 昭雄

ご紹介の流れ

当センターでは、以下2点のご紹介症例をお預かりしております。

専門分野の診断・治療

はじめに以下の「紹介フォーム」をダウンロードの上、必要事項をご記入ください。
「紹介フォーム」に必要事項をご記入の上、FAX送付をお願い致します。お送りいただいた紹介フォームの内容を確認し、受付職員からご予約の日時をご連絡致します。

なお、緊急を要する場合につきましては、FAXご送付後、お電話(0566-98-3758)下さいますよう、お願い致します。
予約確定日時を飼い主様へお知らせ下さい。
担当獣医師より、診療結果を報告致します。
検査・治療の終了後、ご紹介いただいた先生に今後の治療方針等の引き継ぎを行います。

CT/MRI検査・診断

近年、獣医療の高度化に伴い、CTやMRIなどの画像診断機器が必要とされる機会が増えてきています。今は知識をお持ちのご家族も増え、このような検査を求められることも多くあるかと思われます。以前であれば、これらの検査は、設備と診療体制の充実した遠方の施設や大学病院でなければ実施できないこともあり、実施されないことも多くありました。 現在、一部の地域では検査センターや診断機器を備えた病院が新設され、画像診断機器の普及と共にCTやMRI検査も身近な存在となってきていることを感じております。 しかしながら、全国的には、まだまだ十分に検査が行なえる施設や連携の環境が整っていないのが実情です。 あいち犬猫画像診断センターでは当院の各画像診断機器をかかりつけ医の先生方にも積極的にご活用いただき、今まで画像検査を行なえなかった症例の診断をサポートすることを目的としております。
また、当センターでは画像診断だけではなく、各種生検の実施等、あいち犬猫医療センターに蓄積された技術を駆使して皆様の診断、治療を全力でサポートいたします。 それによって、さらに地域の獣医療の技術が向上し、また、病院間のより良い医療連携が構築され犬猫とその家族皆様の一層の幸福に寄与できましたら幸甚に存じます。

あいち犬猫画像診断センター
センター長 石川 剛司

検査のご依頼方法
検査依頼書のダウンロード
はじめに、検査依頼書を以下よりダウンロードの上、必要事項をご記入ください。
検査依頼書
ご予約
STEP①の「検査依頼書」に必要事項をご記入の上、FAX送付をお願い致します。
お送りいただいた検査依頼書の内容を確認し、受付職員からご予約の日時をご連絡致します。
飼主様へのご連絡
予約確定日時を飼い主様へお知らせ下さい。
検査以降の流れ
所見レポートを作成します。
レポートの返信方法をお選び下さい。
郵送/ FAX / E‐mail
レポートと画像をお届けします。
通常、DICOM画像をCD‐R等に収録し、お渡し致します。
貴院にて患者様の診察をお願いします。
診察予約・各種お問い合わせ
ペットホテル予約
トリミング予約
しつけ教室・犬猫共生相談室
送迎サービス予約
ご意見・苦情
表紙に戻る初めてご利用される方へ既にご利用されている方へ獣医療従事者の方へ当センターのご紹介サイトポリシー