愛知県安城市の動物病院 あいち犬猫医療センター

ブログ

寒~い冬がやってきました・・・

朝晩の冷え込み、吹く風の冷たさを感じる季節になりました。
さて、冬の寒さが苦手なのは人だけではありません。
毛に覆われているペットの中にも同じように苦手な子は多いようです。
ペット保険会社大手のアニコムの調べでは、「体を丸めてブルブル震える」「散歩をいやがる」「水を飲まなくなる」等、68.8%のペットが「寒さが苦手」、とオーナーが答えています。

寒く、空気が乾燥する冬、この季節に代表される病気と言えば「風邪」ですが、犬や猫にも「風邪」に似た症状の病気があります。

例えば、
☑ 鼻を垂らす。
☑ くしゃみをよくする。
☑ 熱が出る。
☑ 咳き込む。
☑ 呼吸が苦しい。

等の症状が見られます。人の風邪にとてもよく似ていますね?
獣医学的には「呼吸器感染症」と言われるウイルス性の疾患です。

感染するウイルスの種類は様々ありますが、基本的には人と同じように、

・日頃の健康管理に気を付けること
・抵抗力をつけること
・部屋の空気を時々入れ替えること
・室内を適度な温度と湿度に保つこと

等で感染を防ぐことができます。
また、インフルエンザの予防接種のように、犬や猫にも予防接種(ワクチン接種)があります。
年に1回の定期接種で感染から守ってあげて下さい。
(※当院で受けられる予防接種は「こちら」をご覧下さい。)

その他にも、この時期に多い疾患に次が上げられます。

●膀胱炎・尿石症・腎不全等の泌尿器系の疾患
●皮膚炎・低温やけど・脱毛・痒み等の皮膚の疾患
●骨折・腰痛・関節痛等の関節や骨の疾患
●下痢・嘔吐等の消化器系の疾患

この中で、泌尿器系疾患について、ご紹介します。
上記のアニコム調べの結果にもありましたが、寒くなると運動量が落ちることもあり、どうしても水を飲む量が少なくなり、トイレに行く回数も減ります。
その為、尿が濃縮されて、尿中のミネラルが結晶化して、尿石症等を引き起こしやすくなります。
特に、外で排尿する習慣の犬は、オーナーが寒さのあまりつい散歩を怠ることで、おしっこを長時間我慢することになり、膀胱炎にもかかりやすくなります。

病気になってしまったら…

あれ?ここ最近、

☑ おしっこの出が悪い、もしくは出ない。
☑ おしっこの色がピンク、もしくは血が混じって赤い。
☑ トイレに行く回数が多くなった。
☑ 我慢できずトイレ以外の所でおしっこをしてしまう。
☑ おしっこをする時に痛がる。
☑ トイレが長い。

と思われたら、病院で診察を受けて下さい。その際、新鮮な尿を持って行くと検査がスムーズです。
病院では、尿検査、レントゲン検査、超音波検査をして、尿石の大きさや数、その種類を調べます。また、尿路の炎症や傷の程度も確認して、診断を行います。

投薬治療での治癒が困難な場合、外科的に取り除くことになります。
外科治療になると当然その子にとって大きな負担がかかり、リスクも伴います。
そうならない為にも、

・飼育環境を清潔にする
・常に新鮮な水にしておく
・排尿を我慢させない
・バランスの取れた食事にする
・適度に運動する
・ストレスを与えない

等、予防に努めて下さい。
また、この病気は目に見える形で変化が現れます。
日頃から観察して早期発見することで、負担の少ない早期治療につながります。


これからますます寒くなっていきます。オーナーの皆さんも、大切なワンちゃんネコちゃんもどうぞご自愛くださいね。

いつまでも健康で共に暮らしたい大切なパートナー

●ペットの健康診断はなぜ必要なのでしょうか?

動物の場合、たとえ気分が悪くても、痛みがあったとしても、それを飼い主に訴えることはできません。飼い主様がペットの不調に気づくのは、症状が外に現われたときがほとんどであり、既に手遅れであることも少なくありません。人間と同じように犬や猫などの動物もまた、高齢化に伴って糖尿病や腎臓病、心臓病、がんなどの生活習慣病の発生率が高くなります。
やはり人間と同じように早期発見・治療がポイントです。犬・猫であれば最低でも年に一度、5才を過ぎたら半年に一度の健康診断をおすすめします。

●健康診断ではどのような検査をするのでしょうか?

基本的には身体検査(目・耳・歯・皮膚など)、糞便・尿検査、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査などを行います。近年、ペットの検査にもCT、MRIなどの画像診断が用いられるようになり、がんなどの病気の早期発見に威力を発揮しています。高度な画像診断機器を導入している動物病院はまだ一部ですが、かかりつけの獣医さんに相談すれば紹介していただけるでしょう。

●動物病院を選ぶ時のポイントは?

動物病院を選ぶ際のポイントとして、まずは「動物にとって安全で負担の少ない、トップレベルの医療機器を導入しているか」、「そのハードを活かすことができる高い診断・治療能力を持つ医師がいるか」が大切です。そして何よりも「飼い主様のペットへの愛情を理解し、ホスピタリティのある診療・サービスを行っているか」をしっかり見極めましょう。
あいち犬猫医療センターでは、最高水準の医療サ-ビスを提供したいと考え、いち早く最新の医療技術や機器を導入して、専門医による優れた医療を実践してきました。また、24時間365日の診療や無料送迎サービス、往診、在宅医療への対応、お客様相談室の設置など、常に最上のホスピタリティを追求しています。

掲載記事(2011)

CELEB通信(2011) CELEB通信(2011)

(※)東名古屋画像診断クリニック 様
名古屋放射線診断財団
〒464-0044
名古屋市千種区自由ヶ丘3丁目4番26号(がんセンター中央病院隣)
TEL:052-764-1711(代表)
ホームページ:http://www.nagoya-pet.com/

夏本番!「熱中症」にはご用心!

さて、夏日が続いていますが、大事なワンちゃん、ネコちゃんの「熱中症」対策はばっちりでしょうか?
熱中症は、この時期よくニュースに取り上げられ話題になりますが、重症になると命に関わるとても恐ろしい病気です。犬や猫も例外ではありません。

熱中症は、日射しの強い暑い日(気温の高い日)に起こりやすい病気と思われがちですが、実は、湿度も大きく関係しています。特に、夏の蒸し暑さ(環境)には十分注意が必要です。
私たち人間は汗をかくことによって体温を調節できますが、犬猫はあまりできません。体の中で汗をかける場所が肉球にしかない為、体温調節を呼吸に頼らざるをえないのです。
また、犬は主に呼吸によって体温を調節しますが、猫は犬ほど上手くできませんので、日中はあまり動かず直射日光を避け日陰等の涼しい場所で寝るなどおとなしくします。(猫は夜行性ということもありますが)

では、どういう過ごし方・暮らし方が危険なのでしょうか?
そして、どんな症状が見られるのでしょうか?
いざ熱中症になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

Vol.1 犬の熱中症

[危険な環境]
犬は呼吸によって体温調節を行う分、人間よりも夏の蒸し暑い環境に弱く、特に、充分に水を飲めない場合や、おしっこを我慢してしまう環境下では熱中症になりやすく注意が必要です。
最近の研究によれば、気温22℃、湿度60%を超えると熱中症になる可能性が高くなるそうです。(参考:人間は気温25℃、湿度80%)
次のような場合には、犬が熱中症を起こしやすいので、十分に気を付けて下さい。

☑ 暑さが厳しい日中の散歩やお出かけ
☑ 蒸し暑い室内
☑ 車内での留守番

[熱中症の症状]
上記の環境下にいることで、急激に体温が上昇し、熱中症になります。

初期   … 呼吸がハァハァと浅く速くなる(パンティング)。
要注意  … 目が充血したり、口の粘膜が赤くなる。元気がなくなり、ぐったりする。
救急   … 大量のよだれ(粘り気のある)を垂らす、嘔吐や下痢をする、ふらついて倒れる、筋肉の震え・けいれん発作が起こる、体温が41度以上になる、吐血する等が見られる。

※熱中症は重症化すると、命に関わり大変危険です。

[熱中症にかかりやすい犬]
次の犬は熱中症にかかりやすいと言われています。

☑ 短頭種の犬(パグ、フレンチブルドッグ、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズ、ボストン・テリア、ボクサー等)
☑ 北方原産の犬(シベリアン・ハスキー、サモエド、ボルゾイ等)
☑ 被毛が厚い犬(シェットランド・シープドッグ、グレート・ピレニーズ等)
☑ 子犬や老犬
☑ 心臓や呼吸器が弱い犬
☑ 肥満気味の犬
☑ 毛色が黒い犬

[応急処置]
先ずはすぐに次の処置をして、落ち着いたら早めに受診して下さい。
・涼しい場所に連れて行く。
・うちわであおぐ。
・頭、首もと、脇の下、後ろ脚のつけ根に水をかけ体温を下げる。
[要注意]冷やしすぎないこと。体温が39度まで下がったら冷やすのを止めて下さい。
・2倍に薄めたスポーツドリンク、専用のドリンク、水を与え水分補給をする。
※症状が落ち着き、いつも通りの様子が見られても、循環器や臓器を痛めている(ダメージが残っている)ことがありますので、早めに受診して下さい。

Vol.2 猫の熱中症
※症状や応急処置等、内容が一部「犬の熱中症」と重複する点がありますので、割愛します。

[危険な環境]
犬と同様に、汗をかいて体温調節できない為、次の環境下では熱中症になりやすく注意が必要です。

☑ 蒸し暑い室内
☑ 車内での留守番
☑ 日中の無理な運動
☑ 狭いキャリーケースでの移動

[熱中症にかかりやすい猫]
次の猫は熱中症にかかりやすいと言われています。

☑ 短頭種の猫(ペルシャ、エキゾチックショートヘア、スコティッシュフォールド等)
☑ 北方原産の猫(ノルウェージャン・フォレストキャット、シベリア等)
☑ 長毛種の猫(アンゴラ、ラグドール等)
☑ 子猫や老猫
☑ 心臓や呼吸器が弱い猫
☑ 肥満気味の猫
☑ 毛色が黒い猫


いかがでしたか?記載したことがすべてではありませんが、日頃から、熱中症になるような危険な環境を避ける、または、予防グッズもいろいろと販売されていますので、そういったものも利用する等、気を付けてあげて下さい。


参照:車内で留守番させることの危険性を訴えるアメリカの獣医師のビデオをご紹介します。
[あらすじ]アメリカでは、州によってペットの車内放置を法律で禁止していますが、それでも後を絶たないペットの車内放置に抗議すべく、ノースカロライナ州の獣医師が、自ら駐車中の車内に閉じこもり、車内の気温の変化を実況し、その危険性を訴えました。

 

狂犬病の予防接種が始まります。

狂犬病※1は、今日本では発生例が出ていませんが、依然として世界中で発生している非常に恐ろしい病気で、毎年世界中で約5万人が死亡しています。
病気の歴史は古いのですが、未だ発症後の有効な治療法がありません。
(発症した場合の死亡率は100%)

日本国内では1732年に伝播した記録が残っているそうです。1950年に狂犬病予防法※2が施行され、1956年以降は発生していない病気です。しかし、感染の可能性がゼロでは無い為、毎年の予防接種は必ず受けましょう。
愛犬をウイルスから守る為、また、人の予防接種と同様、免疫力を高めることでウイルスの侵入・伝播を防ぐという目的もあります。
社会生活において守らなければならないルールですので、今年度も予防接種を受けましょう。

※1 狂犬病について
  [参照] 厚生労働省HP http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/
※2 狂犬病予防法
  [参照] 総務省HP http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO247.html

[狂犬病予防接種について]
・狂犬病の予防接種は法律で義務付けられています。
・生後90日を超えた(91日目~)犬が対象となります。接種後に注射済み票が交付されますので、それを飼い犬に装着して下さい。
・飼い犬の登録をお済ませ下さい。生後91日以上の子を飼われたら、30日以内に、現在居住されている市町村長へ登録を申請する義務(生涯1回)があります。登録後、鑑札が交付されますので、それを飼い犬に装着して下さい。
・毎年4月から6月が狂犬病予防接種月間です。登録された市町村から毎年3月末頃に案内ハガキが届きますので、ご来院の際にはそちらを持参下さい。
・各自治体の鑑札・済票の様式を以下よりご確認下さい。転居された場合は、新しく居住された市町村へ予め届け出て下さい。
 [鑑札・済票] 厚生労働省HP http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/10-1-23.html

[ご注意]
安全に狂犬病予防注射を受ける為、次の点にお気を付け下さい。
・健康に対して不安がある場合は、獣医師に事前に相談して下さい。
・予防注射は、犬の健康状態がすぐれない時等、やむを得ない場合には接種を延期します。診察後に猶予書を発行いたします。
その後、健康を取り戻してから個別に接種することになります。

「ズーノーシス」をご存知ですか?

ズーノーシスとは、「脊椎動物と人の間で自然に行き来することができる病気または感染」と定義(WHO 世界保健機関)されています。
もう少し分かりやすい説明に「動物(人)から人間(動物)に感染する、または感染すると思われる疾患」とあります。
日本では「人獣共通感染症」や「人畜共通感染症」、「動物由来感染症」と言われています。
このズーノーシスは、実は非常に数が多く、全世界で840種類以上あると言われています。日本でも大きく取り上げられた「SARS(重症呼吸器症候群)」や「鳥インフルエンザ」等もズーノーシスに該当します。

その中でも、最近話題になりメディアでも多く取り上げられている病気(感染症)があります。
マダニ感染症は、重症化した場合には死亡することもあります。
また、現在のところSFTSウイルスに対して有効なワクチンは無く、注意が必要な感染症です。

マダニが媒介する病気には他にも、「日本紅斑熱」「ダニ媒介脳炎」「ライム病」「Q熱」「バベシア症」「エールリヒア症」「野兎病」等があります。

■マダニってどんな虫?

マダニは家ダニよりも大きく、体長2㎜~4㎜程度の8本脚からなる節足動物で、固い外皮に覆われています。
また、動物の血液を栄養源としています。
マダニの内20種類程度が犬猫に寄生すると問題になると言われています。

■マダニに咬まれたときの治療について

[犬猫の場合]
吸血中のマダニは、皮膚の奥までしっかり咬み付いている為、引っ張っても中々取れません。無理に取ろうとすると、口や頭が皮膚内に残ったり、体液が逆流したりする等して化膿や細菌感染等の二次感染を起こしやすくなります。
その為、マダニを取り除くときは、口や頭を皮膚内に残さないよう、専用のピンセットでゆっくりと慎重に除去したり、薬剤を使用して取り除きます。取り除いた後は、咬まれたところを消毒します。
また、大量に寄生されている場合や、繰り返し寄生を受ける場合には、ダニ対策用の外用薬や寄生虫の感染を防ぐ薬剤、寄生虫を殺す抗生物質等を定期的に投与して、駆除と予防をおこないます。
[ご注意]
専用のピンセット等を使って、ご自分でマダニを取る際は、人への感染症の恐れがある為、取ったマダニには決して直接触ったり、潰したりせず、ティッシュペーパー等でしっかり包んでから処分して下さい。

[人の場合]
先ずは、全身を良く観察して、マダニがついていないか、咬み傷がないか確認して下さい。
マダニの咬み傷には痛みを伴わないことがあるので注意が必要です。
マダニを発見したら、感染症罹患の恐れがある為、出来るだけ早く皮膚科を受診して下さい。
ピンセットなどで取れた場合、自然に脱離した場合は、証拠となる虫体をティッシュペーパー等に包んで早めに皮膚科を受診して下さい。

■犬猫のマダニの予防について

滴下式・塗布式のマダニ駆除・予防薬があります。
定期的に定量を投与して下さい。
詳しくは、いつでも当センター獣医師へご相談下さい。


最後に、ズーノーシスには、マダニが媒介するもの以外にもたくさんあります。
(インターネットで「ズーノーシス」と検索すると、関連情報がたくさん見つかります。)
特に、赤ちゃんや、小さなお子様のいる家庭では、十分注意が必要です。抵抗力のない乳幼児は、お腹の虫(腸内寄生虫)による被害も重篤になることがあります。
ただし、むやみに恐れる必要はありません。大切な家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんとの生活の中で、きちんと予防をすれば感染は防げます。

[今日からできる予防]
1. 口移しで食べ物を与えない。(自分の箸を共用しない)
2. 濃厚な接触を避ける。(キスをしない)
3. 一緒に遊んだ後は、手を洗う。
4. 住環境を清潔に保つ。
5. 身体の汚れを拭き取る。必要に応じてブラッシングやシャンプーをする。
6. ペットのトイレには子どもを近づけない。
7. 子どもが体調がよくないときは、ペットと遊ばせない。
8. 毎年、予防接種を受ける。
9. 定期的に動物病院で健診を受ける。

是非、お互いの健康を維持する為にも日頃から心がけて下さい。

当院整形外科のご紹介

診療科特集 vol.2 整形外科

犬猫の整形疾患なら私にお任せください。

[ごあいさつ]

整形外科担当の杉浦です。
骨折、脱臼、靭帯損傷といった整形外科で出会う病気は、そのほとんどが直接生命を脅かすことはありません。だからこそ様々な治療の手段があると考えています。
当院では、CT、MRI、Cアームといった高度医療機器および清浄度クラス100の手術室を完備し、どのような病態にも対応できるよう努めています。
また、これらの機器を使用し経験豊富な獣医師による診断および治療を提供させていただくことでワンストップな医療を行っております。

あいち犬猫医療センター
獣医師 杉浦 光浩

[こんな時はご相談を]
☑ 交通事故・高所落下などの外傷時。
☑ 歩き方に違和感がある・かばって歩く・挙上している。
☑ 座り方がいつもと違う。
☑ 後肢をよく後ろに蹴るような仕草をする。
☑ 高いところに登らなくなった。

[私たちの強み]
①複数の整形外科医およびスタッフによるチームで治療に当たります。
②交通事故・高所落下などの緊急時の対応が可能です(24時間・365日)
③ロッキングプレート・TPLO法・骨移植など、症状に最適な治療方法を選択しています。
④豊富な治療実績を持つ獣医師が診察します。(ワンストップの診療)

[治療を進めるに当たり大切にしていること]
「患者様第一主義」をモットーにワンちゃん・ネコちゃんの病態、性格、また、オーナー様の様々な御希望に沿ったオーダーメイドの治療法を提案します。
そして、“あいち犬猫医療センターに行けば大丈夫。”と思っていただけるような最善の治療をさせていただきます。

[治療例①]
症例:前十字靭帯断裂(アメリカン・コッカー・スパニエル 8歳 避妊メス)
治療:脛骨高平部水平化骨切り術(Tibial plateau leveling osteotomy: TPLO)

治療後写真①
治療後写真②

脛骨高平部水平化骨切り術(Tibial plateau leveling osteotomy: TPLO)とは、前十字靭帯断裂によって引き起こされる、膝関節の不安定性を治療することを目的として1993年に報告された手術法です。
前十字靭帯の断裂に対しては、人工の靭帯を使用して膝関節を安定化させる方法が一般的でしたが、TPLO法では術後早期の改善が期待でき、さらに不安定性の再発現を少なくできるメリットがあります。
【方法】
脛骨近位に放射状の骨切りを行い、骨片を回転させることによって、脛骨高平部角(Tibial plateau angle: TPA)を減少させます。TPAの減少は、後肢体重負荷時に発生する、脛骨の前方への推進力を制限することが可能となります。
TPLOの適応となる症例は前十字靭帯の完全断裂とされていましたが、完全断裂に移行する前の部分断裂の症例に対しても有効であると報告されています。
また、従来は主に大型の犬に対して実施されていましたが、適切なインプラントを選択することでどのようなサイズの動物にも適応可能です。

[治療例②]
症例:環椎軸椎不安定症(環軸亜脱臼)(チワワ 4歳 オス)

治療後写真①
治療後写真②
治療後写真③


環軸亜脱臼とは、頸の骨である第1頸椎(環椎)と第2頸椎(軸椎)による関節に不安定が生じ、脊髄に損傷が起きる病態を言います。
脊髄損傷の結果、頸部痛から歩行障害、さらには四肢麻痺、排尿不全、呼吸不全を引き起こします。
先天的および外傷により引き起こされ、チワワ、ヨークシャテリア、トイプードルといった小型犬種に多いとされています。
治療方法は、不安定となっている環椎軸椎に対し、整形外科用のピンおよび骨セメントなどを使用して固定をするという方法です。

[治療例③]
症例:両側下顎骨骨折(シーズー 13歳 オス)
治療:ロッキングプレート使用

治療前写真
治療後写真

ロッキングプレートとは、従来のプレートとの大きな違いは、プレートのネジ穴とスクリューの頭部分にネジの溝が掘ってあり、それによりプレートとスクリューが完全に固定される構造になっています。
プレートとスクリューが固定されることで固定強度が格段に上昇します。

[治療例③]
症例:大腿骨骨折(雑種猫 2歳 避妊メス)
治療:ロッキングプレート使用

治療前写真
治療後写真


[整形外科Q&A]
Q.1 交通事故にあった!
A.1 直ぐに、救急対応できる病院へご連絡ください。
当院も24時間365日緊急対応しております。
ご来院時は受付にて、お名前を言っていただければすぐさま獣医師が対応いたします。

Q.2 抱っこして落としてしまった!
A.2 その後、歩き方や姿勢に変化はありますか?
足を気にする、触られるのを嫌がったり、鳴いたりなど、何かしらの症状や違和感があればすぐに受診してください。

Q.3 膝のお皿の脱臼と言われたのですが・・・
A.3 足をかばっている様子などの症状はございますか?
お皿の脱臼(膝蓋骨脱臼)にはその重症度によって、治療の勧め方が違います。
ご来院いただいた際に、その子にあった方法をお話しさせていただきます。

Q.4 散歩中(散歩後)、急に足を上げるようになったのですが・・・
A.4 靭帯の損傷など、思わぬ大きな事態が起こっているかもしれません。
特に高齢の子、体重の重い子は要注意です。

Q.5 整形外科は費用が高額と行くのですが・・・
A.5 インプラント材(プレート、スクリューなど)には、高額な材料もあります。
ただ、高額なものを使用することが最善とは限りません。
ワンちゃん・ネコちゃんの病態を診断させていただいた上で、オーナー様とその子にとって最善な方法をオーダーメイドでお話しいたします。