ドッグフード キャットフードのご案内 あいち犬猫医療センター

食事(フード)

栄養管理

当センターでは、「一般食/副食/おかず食/嗜好食」ではなく、その子の年齢や健康状態に合わせて下記の食事を取り揃え、ご提供しております。

総合栄養食

総合栄養食は、毎日の主食として与えることを目的とした食事です。
ペットフードと水だけで、ワンちゃんやネコちゃんの健康維持や、成長の過程で必要な栄養素を過不足無く、摂取できるように作られています。
※当センターで取り扱っているお食事(フード)は全て、ペットフード公正取引協議会の定める栄養基準を満たしております。

処方食・療法食

処方食・療法食とは、特定の症状や病気に対応した食事管理を行うことを目的とした食事です。
体の負担を軽くし、病気の進行を抑えるだけでなく、体質改善にも配慮して作られています。
※ワンちゃん、ネコちゃん、それぞれの症状や病気によって、必要な栄養素とそのバランスは異なる為、処方食・療法食をお求めの際は、獣医師からのアドバイスや処方に従って与えて下さい。

[注意]
誤った解釈をされていることがありますが、「処方食・療法食を与えていれば病気が完治する」ということではありません。長期的に与え続けることで必要な栄養素が不足してしまうこともありますので、十分ご注意下さい。

栄養補完食

栄養補完食とは、特定の栄養素の調整や嗜好の向上等を目的とした食事です。
主に、おかず目的で与えることが多く、ドライフードではなく、缶かパウチの形状をしています。
※総合栄養食とは違い、必要な栄養素をバランス良く摂ることには適していない食事です。



人の食事の場合も、元気なときと、病気になったときとでは、口にするものは異なります。
それは、体調によって、そのときに必要な栄養や食べたいと思う食事が異なるからです。
病気にかかった際は、獣医師にご相談いただき病状に合わせた処方食・療法食を、毎日の健康維持には、総合栄養食を与えてあげて下さい。

インターネット注文・宅配サービス

飼い主様にとって、生活を共にするワンちゃん、ネコちゃんはかけがえのない大切な人生のパートナーだと思います。
私たちがそうであるように、彼らにとっても、毎日、口にする食事は健康管理の上で、とても大切です。成長したり、健康を維持したり、また、病気の治療を目的にすることもあります。
そこで、「食事でできる健康管理」をテーマに、当センターをご利用中の患者様だけを対象にして、本サービスをご提供いたします。
初めの会員登録のお手間だけで、ご自宅や外出先でも、パソコン・携帯電話・スマートフォンを使って、ごはんの注文ができます。また、お届け先の指定や日時指定も可能です。サービスのご利用につきましてはこちらをご覧下さい。
*本サービスに関するご質問等ございましたら、お気軽に受付スタッフまでお声がけ下さい。