愛知県安城市の杉浦獣医科「あいち犬猫医療センター」公式サイトです。24時間365日体制で、二次診療まで行う総合動物病院 « 狂犬病の予防接種が始まります。ページです。

ブログ

狂犬病の予防接種が始まります。

狂犬病※1は、今日本では発生例が出ていませんが、依然として世界中で発生している非常に恐ろしい病気で、毎年世界中で約5万人が死亡しています。
病気の歴史は古いのですが、未だ発症後の有効な治療法がありません。
(発症した場合の死亡率は100%)

日本国内では1732年に伝播した記録が残っているそうです。1950年に狂犬病予防法※2が施行され、1956年以降は発生していない病気です。しかし、感染の可能性がゼロでは無い為、毎年の予防接種は必ず受けましょう。
愛犬をウイルスから守る為、また、人の予防接種と同様、免疫力を高めることでウイルスの侵入・伝播を防ぐという目的もあります。
社会生活において守らなければならないルールですので、今年度も予防接種を受けましょう。

※1 狂犬病について
  [参照] 厚生労働省HP http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/
※2 狂犬病予防法
  [参照] 総務省HP http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO247.html

[狂犬病予防接種について]
・狂犬病の予防接種は法律で義務付けられています。
・生後90日を超えた(91日目~)犬が対象となります。接種後に注射済み票が交付されますので、それを飼い犬に装着して下さい。
・飼い犬の登録をお済ませ下さい。生後91日以上の子を飼われたら、30日以内に、現在居住されている市町村長へ登録を申請する義務(生涯1回)があります。登録後、鑑札が交付されますので、それを飼い犬に装着して下さい。
・毎年4月から6月が狂犬病予防接種月間です。登録された市町村から毎年3月末頃に案内ハガキが届きますので、ご来院の際にはそちらを持参下さい。
・各自治体の鑑札・済票の様式を以下よりご確認下さい。転居された場合は、新しく居住された市町村へ予め届け出て下さい。
 [鑑札・済票] 厚生労働省HP http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/10-1-23.html

[ご注意]
安全に狂犬病予防注射を受ける為、次の点にお気を付け下さい。
・健康に対して不安がある場合は、獣医師に事前に相談して下さい。
・予防注射は、犬の健康状態がすぐれない時等、やむを得ない場合には接種を延期します。診察後に猶予書を発行いたします。
その後、健康を取り戻してから個別に接種することになります。

診察予約・各種お問い合わせ
ペットホテル予約
トリミング予約
しつけ教室・犬猫共生相談室
送迎サービス予約
ご意見・苦情