愛知県安城市の杉浦獣医科「あいち犬猫医療センター」公式サイトです。24時間365日体制で、二次診療まで行う総合動物病院 « 寒~い冬がやってきました・・・ページです。

ブログ

寒~い冬がやってきました・・・

朝晩の冷え込み、吹く風の冷たさを感じる季節になりました。
さて、冬の寒さが苦手なのは人だけではありません。
毛に覆われているペットの中にも同じように苦手な子は多いようです。
ペット保険会社大手のアニコムの調べでは、「体を丸めてブルブル震える」「散歩をいやがる」「水を飲まなくなる」等、68.8%のペットが「寒さが苦手」、とオーナーが答えています。

寒く、空気が乾燥する冬、この季節に代表される病気と言えば「風邪」ですが、犬や猫にも「風邪」に似た症状の病気があります。

例えば、
☑ 鼻を垂らす。
☑ くしゃみをよくする。
☑ 熱が出る。
☑ 咳き込む。
☑ 呼吸が苦しい。

等の症状が見られます。人の風邪にとてもよく似ていますね?
獣医学的には「呼吸器感染症」と言われるウイルス性の疾患です。

感染するウイルスの種類は様々ありますが、基本的には人と同じように、

・日頃の健康管理に気を付けること
・抵抗力をつけること
・部屋の空気を時々入れ替えること
・室内を適度な温度と湿度に保つこと

等で感染を防ぐことができます。
また、インフルエンザの予防接種のように、犬や猫にも予防接種(ワクチン接種)があります。
年に1回の定期接種で感染から守ってあげて下さい。
(※当院で受けられる予防接種は「こちら」をご覧下さい。)

その他にも、この時期に多い疾患に次が上げられます。

●膀胱炎・尿石症・腎不全等の泌尿器系の疾患
●皮膚炎・低温やけど・脱毛・痒み等の皮膚の疾患
●骨折・腰痛・関節痛等の関節や骨の疾患
●下痢・嘔吐等の消化器系の疾患

この中で、泌尿器系疾患について、ご紹介します。
上記のアニコム調べの結果にもありましたが、寒くなると運動量が落ちることもあり、どうしても水を飲む量が少なくなり、トイレに行く回数も減ります。
その為、尿が濃縮されて、尿中のミネラルが結晶化して、尿石症等を引き起こしやすくなります。
特に、外で排尿する習慣の犬は、オーナーが寒さのあまりつい散歩を怠ることで、おしっこを長時間我慢することになり、膀胱炎にもかかりやすくなります。

病気になってしまったら…

あれ?ここ最近、

☑ おしっこの出が悪い、もしくは出ない。
☑ おしっこの色がピンク、もしくは血が混じって赤い。
☑ トイレに行く回数が多くなった。
☑ 我慢できずトイレ以外の所でおしっこをしてしまう。
☑ おしっこをする時に痛がる。
☑ トイレが長い。

と思われたら、病院で診察を受けて下さい。その際、新鮮な尿を持って行くと検査がスムーズです。
病院では、尿検査、レントゲン検査、超音波検査をして、尿石の大きさや数、その種類を調べます。また、尿路の炎症や傷の程度も確認して、診断を行います。

投薬治療での治癒が困難な場合、外科的に取り除くことになります。
外科治療になると当然その子にとって大きな負担がかかり、リスクも伴います。
そうならない為にも、

・飼育環境を清潔にする
・常に新鮮な水にしておく
・排尿を我慢させない
・バランスの取れた食事にする
・適度に運動する
・ストレスを与えない

等、予防に努めて下さい。
また、この病気は目に見える形で変化が現れます。
日頃から観察して早期発見することで、負担の少ない早期治療につながります。


これからますます寒くなっていきます。オーナーの皆さんも、大切なワンちゃんネコちゃんもどうぞご自愛くださいね。

診察予約・各種お問い合わせ
ペットホテル予約
トリミング予約
しつけ教室・犬猫共生相談室
送迎サービス予約
ご意見・苦情