愛知県安城市の杉浦獣医科「あいち犬猫医療センター」公式サイトです。24時間365日体制で、二次診療まで行う総合動物病院 « 「熱中症」にはご用心!ページです。

ブログ

「熱中症」にはご用心!

さて、夏が近づいて来ました!
大事なワンちゃん、ネコちゃんの「熱中症」対策はばっちりでしょうか?
熱中症は、この時期よくニュースに取り上げられ話題になりますが、重症になると命に関わるとても恐ろしい病気です。犬や猫も例外ではありません。

熱中症は、日射しの強い暑い日(気温の高い日)に起こりやすい病気と思われがちですが、実は、湿度も大きく関係しています。特に、夏の蒸し暑さ(環境)には十分注意が必要です。
私たち人間は汗をかくことによって体温を調節できますが、犬猫はあまりできません。体の中で汗をかける場所が肉球にしかない為、体温調節を呼吸に頼らざるをえないのです。
また、犬は主に呼吸によって体温を調節しますが、猫は犬ほど上手くできませんので、日中はあまり動かず直射日光を避け日陰等の涼しい場所で寝るなどおとなしくします。(猫は夜行性ということもありますが)

では、どういう過ごし方・暮らし方が危険なのでしょうか?
そして、どんな症状が見られるのでしょうか?
いざ熱中症になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

Vol.1 犬の熱中症

[危険な環境]
犬は呼吸によって体温調節を行う分、人間よりも夏の蒸し暑い環境に弱く、特に、充分に水を飲めない場合や、おしっこを我慢してしまう環境下では熱中症になりやすく注意が必要です。
最近の研究によれば、気温22℃、湿度60%を超えると熱中症になる可能性が高くなるそうです。(参考:人間は気温25℃、湿度80%)
次のような場合には、犬が熱中症を起こしやすいので、十分に気を付けて下さい。

☑ 暑さが厳しい日中の散歩やお出かけ
☑ 蒸し暑い室内
☑ 車内での留守番

[熱中症の症状]
上記の環境下にいることで、急激に体温が上昇し、熱中症になります。

初期   … 呼吸がハァハァと浅く速くなる(パンティング)。
要注意  … 目が充血したり、口の粘膜が赤くなる。元気がなくなり、ぐったりする。
救急   … 大量のよだれ(粘り気のある)を垂らす、嘔吐や下痢をする、ふらついて倒れる、筋肉の震え・けいれん発作が起こる、体温が41度以上になる、吐血する等が見られる。

※熱中症は重症化すると、命に関わり大変危険です。

[熱中症にかかりやすい犬]
次の犬は熱中症にかかりやすいと言われています。

☑ 短頭種の犬(パグ、フレンチブルドッグ、ブルドッグ、シーズー、ペキニーズ、ボストン・テリア、ボクサー等)
☑ 北方原産の犬(シベリアン・ハスキー、サモエド、ボルゾイ等)
☑ 被毛が厚い犬(シェットランド・シープドッグ、グレート・ピレニーズ等)
☑ 子犬や老犬
☑ 心臓や呼吸器が弱い犬
☑ 肥満気味の犬
☑ 毛色が黒い犬

[応急処置]
先ずはすぐに次の処置をして、落ち着いたら早めに受診して下さい。
・涼しい場所に連れて行く。
・うちわであおぐ。
・頭、首もと、脇の下、後ろ脚のつけ根に水をかけ体温を下げる。
[要注意]冷やしすぎないこと。体温が39度まで下がったら冷やすのを止めて下さい。
・2倍に薄めたスポーツドリンク、専用のドリンク、水を与え水分補給をする。
※症状が落ち着き、いつも通りの様子が見られても、循環器や臓器を痛めている(ダメージが残っている)ことがありますので、早めに受診して下さい。

Vol.2 猫の熱中症
※症状や応急処置等、内容が一部「犬の熱中症」と重複する点がありますので、割愛します。

[危険な環境]
犬と同様に、汗をかいて体温調節できない為、次の環境下では熱中症になりやすく注意が必要です。

☑ 蒸し暑い室内
☑ 車内での留守番
☑ 日中の無理な運動
☑ 狭いキャリーケースでの移動

[熱中症にかかりやすい猫]
次の猫は熱中症にかかりやすいと言われています。

☑ 短頭種の猫(ペルシャ、エキゾチックショートヘア、スコティッシュフォールド等)
☑ 北方原産の猫(ノルウェージャン・フォレストキャット、シベリア等)
☑ 長毛種の猫(アンゴラ、ラグドール等)
☑ 子猫や老猫
☑ 心臓や呼吸器が弱い猫
☑ 肥満気味の猫
☑ 毛色が黒い猫


いかがでしたか?記載したことがすべてではありませんが、日頃から、熱中症になるような危険な環境を避ける、または、予防グッズもいろいろと販売されていますので、そういったものも利用する等、気を付けてあげて下さい。


参照:車内で留守番させることの危険性を訴えるアメリカの獣医師のビデオをご紹介します。
[あらすじ]アメリカでは、州によってペットの車内放置を法律で禁止していますが、それでも後を絶たないペットの車内放置に抗議すべく、ノースカロライナ州の獣医師が、自ら駐車中の車内に閉じこもり、車内の気温の変化を実況し、その危険性を訴えました。

 

診察予約・各種お問い合わせ
ペットホテル予約
トリミング予約
しつけ教室・犬猫共生相談室
送迎サービス予約
ご意見・苦情